夏風邪の症状は幼児にしかでない?

この記事は4分で読めます

e7d477b4246fa547e72c2976eb47553d_s

 

どうも!!!

 

 

 

連休に入り、

羽を伸ばそうとした瞬間

 

体調を崩してしまった

くすおです!

 

 

 

 

症状は鼻水、微熱のみ。

 

夏風邪にしては、早いし・・・

 

 

 

しかも、

幼児なら夏風邪にかかりやすいと言われていますが、

大の大人が夏風邪って・・・

 

 

 

そんなこんなで、

ふと思ったことが。

 

 

「なんで幼児が夏風邪になりやすいの?」

 

です。

 

 
<スポンサードリンク>
 

 

ということで、

 

 

今回は、

 

私の体調不良の原因が

夏風邪なのか確かめる意味も込めて

 

 

「幼児と夏風邪の症状の関係」

 

について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

~普通の風邪とは違う~

 

夏の時期にひくから、

「夏風邪」ではありません。

 

 

「冬にひく風邪」と、「夏風邪」

全くの別物なのです。

 

 

 

冬に流行る風邪のウイルスは、

寒冷で乾燥したところを好みます。

 

一方、

夏風邪のウイルスの場合、

高温で多湿な場所を好みます。

 

 

8832ffffd811aa132379ca6acad7cc82_s

 

 

 

 

 

 

~夏風邪の兆候は??~

 

・のどの違和感

・のどの痛み

・寒気

・だるさ

・発熱

・腹痛

 

夏風邪の兆候となります。

※「幼児」も同じです。

 

 

 

 

 

~夏風邪の症状~

 

幼児が大半を占める

 

「手足口病」

「ヘルパンギーナ」

「咽頭結膜熱」

 

などを発症します。

 

 

 

・手足口病

 

手のひらや足の裏や口の中に

赤い発疹や、水疱ができるのが特徴です。

 

口の中の水疱は痛みを発することもあります。

微熱がほとんどです。

 

 

 

 

 

・ヘルパンギーナ

 

高熱(幼児は顕著)と

のどにできる水ぶくれ(水疱)が特徴です。

 

のどの痛みが強く、

水分を摂ることすら拒むことがあります。

 

 

 

 

 

・咽頭結膜熱

 

発熱のどの痛み

結膜充血(目が赤くなること)

などが特徴です。

 

 

こちらは、手などを介して感染します。

 

 

 

これらが夏風邪

代表的な3つの症状となります。

 

 

 

 

 

 

 

~なんで幼児は夏風邪にかかりやすいのか?~

 

「夏風邪は幼児がかかりやすい」

と言われている理由ですが、

 

 

先ほどの症状の一つである、

”咽頭結膜熱”

から来ていると考えられます。

 

 

 

咽頭結膜熱は、

夏場にプールに入って

感染することが多くあります。

 

ですので

別の名を「プール熱」とも言います。

 

 

 

つまり、

幼児がプールに入った際に

他の子から感染してしまうということから

 

「夏風邪は子供がかかりやすい」

 

と言われているようです。

 

 

 
<スポンサードリンク>
 

 

 

 

~夏風邪を治す「薬」は存在しない?~

 

そうなんです。今のところ、

夏風邪を治す薬は無く、

症状を抑える薬しかありません。

 

 

 

①病院に行きましょう。

 

夏風邪は、先ほど書いた通り3つに大別されます。

 

その症状にあったお薬を処方してもらい、

症状を抑えながら、自己免疫を強めるようにしましょう。

 

 

 

②免疫力を高める

 

免疫力を高めることで、

 

症状を引き起こしているウイルスを

撃退してくれます。

 

 

 

”免疫力を高める食べ物”

 

・大根

・長芋

・鶏肉

・ヨーグルト

・茶そば

・小松菜

・納豆

 

 

 

 

③睡眠をとる

 

やはり、人間の体は十分な睡眠をとらないと

免疫力は落ちてしまいます。

 

しっかりと睡眠をとることを心がけてください。

 

 

 

 

 

~溶連菌感染症と間違いやすい~

 

「夏風邪」「溶連菌感染症」

症状が似ていて、

 

医者でない限り、区別がつかないです。

 

 

 

溶連菌感染症の場合、

注目すべきは「舌」です。

 

舌が真っ赤に腫れます

 

 

 

溶連菌に関しては、

こちらに詳しく書いてあります。

 

溶連菌感染症の記事

 

必ずチェックしていただきたいです。

 

 

 

 

~まとめ~

 

今回は、

「夏風邪の症状は幼児にしか出ない?」

について書かせていただきました。

 

お子さんの症状が疑わしい場合、

早めに病院につれていってあげてください!

 

 最悪の場合は入院の可能性もありますので・・・。

 

 

 

ではでは、今日はこの辺で失礼します・・・☆

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^
<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s
  2. cabc9b2344f3800355d90d67acdba54d_s
  3. 6869faaddf144d06ecc497adef618be4_s
  4. foregras00
  5. 68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297