【驚愕】トランス脂肪酸がマクドナルドのポテトに入っている!?

この記事は4分で読めます

85f0246679d2afc9e65c6df519bb9520_s

 

どうも!くすおです^^

 

今回は、

 

 

「【驚愕】トランス脂肪酸がマクドナルドのポテトに入っている!?」

 

 

と題して書かせていただきます。

 

 

 

 

~トランス脂肪酸とは?~

 

ニュースなどで取り上げられているので、

ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、

 

”トランス脂肪酸”は、

 

「食品からとる必要がない」

 

と考えられており、

 

 

トランス脂肪酸をとりすぎた場合の

健康への悪影響が注目されています。

 

 

 

 

具体的には、

 

トランス脂肪酸をとると、

血液中のLDLコレステロール

(悪玉コレステロール)増えます。

 

 

一方で、

 

 

HDLコレステロール

(善玉コレステロール)減ることが

報告されています。

 

 

 

 

日常的にトランス脂肪酸を

多くとりすぎている場合には、

 

 

少ない場合と比較して

心臓病のリスクを高めることも

明らかとなっています。

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

~マクドナルドのポテトにも?~

 

 

本題ですが、

 

マクドナルドのポテトにも、

 

「トランス脂肪酸が含まれた調理油」

 

が使われているのではないか?

 

 

と話題になっています。

 

 

 

 

結論から申し上げると、

 

 

 

 

 

「マクドナルドのポテト」にも

トランス脂肪酸が含まれた調理油が

使われています。

 

 

 

 

~マクドナルドの考え~

 

マクドナルド側の見解としては、

 

 

「日本人の食生活からトランス脂肪酸が与える

健康への影響は小さいので、

今のところ調理油の切り替えは考えていない」

 

 

とのこと。

 

 

 

なんと、楽観的な考えなんでしょうか。

 

現在、食文化も欧米化が進む日本なのに、

全く気にしないということでしょうか・・・。

 

 

 

 

マクドナルド以外の

日本国内のファーストフード店の対応です。

 

 

ミスタードーナッツ

「数年前から研究中」

 

 

ロッテリア

「12月15日以降に対応公表」

 

 

ケンタッキーフライドチキン

「今年10月から全店でトランス脂肪酸を半減した調理油に切り替えた」

 

 

ウェンディーズ

「米国と同時に今年10月、全店でトランス脂肪酸ゼロの調理油に切り替えた」

 

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

~衝撃的な事実~

 

いきなりですが、びっくりするようなことを言います。

 

上記のファーストフォードの対応は

2006年時の対応です。

 

 

 

つまり、

 

マクドナルドは約9年に渡って、

トランス脂肪酸が人間に悪影響と知りながら 

トランス脂肪酸の入った料理油でポテトを揚げ続けている。

 

 

ということになります。

 

 

 

なお、マクドナルドの見解はこちら。

 

フライオイル(揚げ油)は何を使っているの?

という質問に対し、

 

 

 

マクドナルドでは、

 

ショートニング(牛脂含む)と

パームオイルをブレンドした、

オリジナルのフライオイルを使用しています。

 

このブレンドオイルで揚げることで、

独特の旨みフレーバーがついた

どこにもまねのできない味に仕上がります。

 

もちろん、

毎日使うフライオイルは毎日ろ過をし、

専用の試験紙で劣化チェックを実施しています。

 

 

との回答です。

 

 

既にアメリカでは、

「ショートニング」は禁止されているんです。

 

 

そりゃ、

 

「どこにも真似のできない味」

 

のポテトに仕上がりますよ。

 

だってどこも使ってない油使ってるんですから。

 

 

 

 

~ポテトは美味しい~

 

僕も、

トランス脂肪酸のことを考えるまでは

 

当たり前のように

マクドナルドでポテトを食べていました。

 

 

 

しかし、

 

色々調べていると、

 

トランス脂肪酸が体に悪影響を及ぼすのは

数年~数十年かかる

 

ということが分かりました。

 

 

すぐに目の前に結果として出てこないから

日本人の危機意識が薄い理由なのかもしれません。

 

 

 

加えて、

子供のころからポテトを食べていたら・・・。

 

間違いなく影響はありますね。

 

 

 

 

 

~トランス脂肪酸が引き起こす病気~

 

 

トランス脂肪酸が及ぼす病気として

 

・クローン病

・アレルギー

・痴呆

・動脈硬化

・脳血管障害

・ガン

・糖尿病

・精神病

 

その他の様々な疾患との関係が懸念されています。

 

 

その危険性から

 

「食べるプラスチック」

「狂った油」などの異称もあるほどです。

 

 

 

 

~まとめ~

 

今回は

 

「【驚愕】トランス脂肪酸がマクドナルドのポテトに入っている?」

 

について書かせていただきました。

 

 

 

ここまでお話させていただきましたので、

 

後は、読者様のご判断にお任せします。

 

 

それでは今日はこの辺で・・!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

 

 

<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. gktop
  2. 20101023-2010102303
  3. japantechinsight_142923_0
  4. 2_008
  5. 20091122_hibari_01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297