木下優樹菜がインスタグラムに載せたお腹の画像を削除した理由は?

この記事は3分で読めます

6b630_97_ab2ab606_3df9a188-m

どうも!くすおです^^

 

今回は

 

「木下優樹菜がインスタグラムに載せたお腹の画像を削除した理由は?」

 

について書いていきたいと思います^^

 

 

 

~木下優樹菜さんのインスタグラムで・・・~

 

木下優樹菜さんといえば、

“インスタグラム”で、

 

お子さんや、
旦那であるフジモンさんとの
仲睦まじい写真が投稿されていますね^^

 

 

幸せそうな写真が多く、

 

「羨ましい!」
「こっちがにやにやしちゃう」
「こんな家族憧れる~」

 

などのコメントが寄せられています。

 

 

しかし、

 

 

そのインスタグラムで

”あること”

が話題になっているんです。

 

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

~木下優樹菜のお腹の写真が削除?~

 

木下優樹菜さんが投稿した

「お腹の写真」

が急に削除されたのです。

 

 

ネットでは、
様々な憶測が飛び交っていたのですが、

 

結果的には
”かわいらしい”理由だった事が
判明しました。

 

 

 

 

そのかわいらしい理由とは・・・


「フジモンのやきもち」です。

 

 

お腹などをすごく露出していることを、
旦那であるフジモンさんが嫌がり、

「削除」を要求したことで、

 

 

木下優樹菜さん本人によって
お腹の画像は削除されたそうです。

 

 

一見女々しいと思うようなことも、
女性からしたら嬉しいんですね^^

 

勉強になります。

 

 

 

やきもちで

”お腹画像の削除”

を要求したフジモンさんですが、

 

 

木下優樹菜さんとの結婚までには、
男らしい姿を何度も見せているようですね。

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

~木下優樹菜への想い~

 

【出会ったときは木下優樹菜には別の彼氏がいた】

 

初めから二人は恋愛対象という訳ではなく、

最初は、
木下優樹菜さんの相談相手でしかなかったのです。

 

 

 

【連絡を絶ち切られる】

 

いつの間にか、フジモンさんが
木下優樹菜さんに恋愛感情を持つようになり、

 

 

その噂を耳にした木下さんは、
フジモンに対して恋愛感情が全くなかったので、
連絡を断ち切ることを決めたそうです。

 

 

【想い変わらず】

 

フジモンさんは、
木下優樹菜さんとの連絡を絶たれた後も、

周りの関係者に、

 


”木下さんへの想い”が変わっていないことを話していました。

 

すると、どこからかその情報が木下さんの耳に入り、

木下さんも、ほんの少しずつ
フジモンさんのことが気になり始めたようです。

 

 

【誕生日】

 

連絡を絶たれた後、フジモンさんは

 

木下優樹菜さんの誕生日に
彼女の自宅まで行き、

 

「お誕生日おめでとう」


という横断幕を

 

マンションの前に掲げて祝ったそうです。

 

 

 

この一件で、

「自分をこんなに好きでいてくれる人はいない」

と思い、そこから交際がスタートしたのです。

 

 

 

 

まさに粘り勝ち!

 

というか、

 

一筋に想い続けるフジモンさんが素敵すぎますね^^

 

 

 

こんだけ想ってれば、
お腹の写真もほかの人に見せたくないから削除を要求するのも 

 

 

理解でき・・・

 

ません!!!w

 

 

 

~まとめ~

 

今回は

 

「木下優樹菜がインスタグラムに載せたお腹の画像を削除した理由は?」

 

と題して書かせていただきました。

 

理想の夫婦として、よく取り上げられる

「ユッキーナ&フジモン夫婦」。

 

男性の方からしたら、 このフジモンさんの対応を見て
彼女さん、奥さんへの想いも変わってきそうですね^^

 

僕も、横断幕でお祝いしてみようかな!w

 

 

それでは今日はこの辺で・・・☆
最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

 

 

<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. n3
  2. BSCPOg8CYAAxN_f
  3. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297