進撃の巨人の実写版は感想と評価がひどいことに・・・

この記事は4分で読めます

ah_shingeki006

どうも!!くすおです^^

とても久しぶりの更新になってしまいました。

 

いつも読んでくださっている方々、申し訳ございません。

 

これから、また継続して更新できるよう頑張っていきます!

 

 

 

久しぶりの今回は、

 

”良くない意味”で話題の

 

実写版「進撃の巨人」の感想評価

 

について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

「進撃の巨人」実写版の話をする前に、

 

簡単なあらすじを書いていますので

目次で好きな箇所からお読みください^^

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

~進撃の巨人とは?~

 

僕は、初めて「進撃の巨人」を読んだ時、

 

正直、

 

”全くオモシロくないなー”

って思ってました。

 

 

けど、

 

 

前に書いたキングダムと同じで、

読めば読むほど、はまっていくんですよねー。

 

アメトークで語られたキングダムのあらすじと魅力

 

 

 

ダレでも分かる進撃の巨人のあらすじ

 

約100年前
繁栄した都市を築き上げた人類に、突如大量の「巨人」が現れる。

 

巨人の出現により都市は壊され、滅亡寸前の生き残りの人類は

「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」

 

という

巨大な三重の壁中に身分を分けした都市を作り、

 

巨人が進入しないように壁の内側で生活をできるようになった。

 

 

巨人の進行を防いだ人類は約100年平和に暮らしていたのだった。

 

その頃、「ウォール・マリア」で暮らしていた

(主人公)エレン・イェーガーは当時10歳で、友人のアルミンや

 

母のカルラ、父グリシャ、幼馴染のミカサと生活を満喫していました。

 

 

そんなある日、突如、鎧(よろい)の巨人が現れ
安全だったはずの三重の壁の一つ「ウォール・マリア」が一撃で破壊されました。

 

破壊の穴の中から他の大量の巨人も現れ
「ウォール・マリア」内は大パニックに陥ります。

 

その際運悪く捕まった”母のカルラ”は、
エレン”の目の前で巨人に食べられてしまいます。

 

 

母を目の前で食べられたエレンは
助けられなかった悔しさ、憎しみをバネに巨人への復讐を誓います。

 

 

巨人の進行から逃れ「ウォール・ローゼ」に移動した
「エレン」「ミカサ」「アルミン」は

 

巨人と戦うことが出来る調査兵団になるために

第104期訓練兵団」に入り巨人と戦うことを決意します。

 

 

調査兵団となったエレンたちと巨人との戦闘を描いた漫画

 

となっています。

 

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

 

 

~実写版「進撃の巨人」~

 

では、今回のテーマでもある、

実写版「進撃の巨人」について書いていきます^^

 

 

まず、実写版でのキャストです・・・

 

・エレン:三浦春馬 ―「自由」を求める者―
・シキシマ:長谷川博己 ―人類「最強」の男― (新)
・ミカサ:水原希子 ―戦場を舞う女神―
・アルミン:本郷奏多 ―心優しき賢者―
・ジャン:三浦貴大 ―反逆の刃―
・サシャ:桜庭ななみ ―飢えた狙撃手―
・サンナギ:松尾諭 ―慈愛深き豪傑― (新)
・フクシ:渡部秀 ―悲しみの守護星― (新)
・ヒアナ:水崎綾女 ―勇猛なる母性― (新)
・リル:武田梨奈 ―愛に生きる本能― (新)
・ソウダ:ピエール瀧 ―嘆きの先導者― (新)
・ハンジ:石原さとみ ―暴走する無邪気―
・クバル:國村隼 ―「闇」を統べる者― (新)

 

 

原作ファンからすると、

「なんでこのキャラにこの人???」

 

 

って観点から、

 

感想が微妙だったり

評価が低くなってしまっているのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

~「漫画進撃の巨人ではない」~

 

ネットでは、こう言われているようですね。

ネットからの抜粋です。

 

 

 

私の個人的な感想は、「進撃の巨人」として見なければ、純粋に人類vs巨人の超大作アクションだ!!!って楽しめるのではないでしょうか。少しでも、一瞬でも、原作を思い浮かべた時点でoutかな(笑)

 

 

タダで本当よかったというのが本音です。。。もう一回は無理。誰一人として進撃の巨人キャラは映画の世界にはいませんでした。うん知ってた。

 

 

グロさとかリアルな巨人が見たいんや!!!恐怖感じたいんや!!って人にはオススメです。

 

 

実写版進撃見てきました。俳優さんはかっこよかったし綺麗だったけど、内容はアニメ版をみているせいなのか首を捻る印象でした。でもグロ耐性少なすぎて私は耐えられなかったです。 PG12らしいけどR15、いやR18でもいいよって思うぐらいグロかった…たぶん後編はみない…

 

 

進撃の試写会終了、稀に見る酷さでしたwww

 

 

これが、実際に観た方の感想や映画に関する評価です。

 

 

 

 

 

~進撃の巨人は漫画で!~

 

実写版「進撃の巨人」ですが

 

あまりにも評価が低かったり、

感想も良いことを見つける方が難しいくらいの状況です。

 

んーやはり漫画の世界を実写版に持っていけるのは、

現実的なものが多い少女マンガだけってことでしょうかねー。

 

 

僕の、好きな漫画やアニメを実写化してみたら・・・

 

って考えたらぞっとしましたw

 

 

 

クレヨンしんちゃん

⇒ケツだけ星人やって、しんちゃん役の俳優イメージダウン。

 

キングダム

⇒戦国時代的なノリでぎりセーフ!

 

スラムダンク

⇒完全にCG頼りのB級映画。むしろ小林サッカーみたいになりそう・・・

 

ワンピース

⇒完全にサーカス。

 

 

 

~まとめ~

 

今回は、

 

「進撃の巨人の実写版は感想と評価がひどいことに・・・」

 

と題して書かせていただきました。

 

やはり、少女マンガか戦国ものでないと厳しいですね^^

 

 

「進撃の巨人」も漫画で観た方がより楽しめるんでしょうね!

 

 

それでは今日はこの辺で・・・☆

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたー^^

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 53376901_aaf3268bbe
  2. hqdefault
  3. c60de4268926db1d3dc47ccf9df27b0a_s
  4. a00e4e8
  5. m_E382AFE383ACE383A8E383B3E38197E38293E381A1E38283E382931
  6. 0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297