えごま油の効能・効果は?危険なのはなぜ??安全なものは少ない?

この記事は2分で読めます

 

えごま油が流行っている理由

えごま油が今はやっていますよね。
ごま油とはまた違う えごま油。

 

 

何故流行っているのかというと…

ダイエットや健康のために良いということで
口コミでどんどん広がって

 

林修の今でしょ!講座2時間スペシャル


たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学

 

などでも
取り上げられて更に人気に拍車がかかりました(・∀・)



 

えごま油の効能・効果

えごま油は
えごまというシソ科の植物の種子から採れる油のこと。

 

えごまには、必須脂肪酸と呼ばれる
身体に大切な成分がたくさん含まれているんです。

 

 

えごま油の効能効果をまとめました。

 

 

・必須脂肪酸である不飽和脂肪酸を摂取できる。
・認知症の予防
・うつ病の改善
・血管年齢の若返り
・視力の回復
・肌トラブルの改善
・太りにくい身体になる

 

 

不飽和脂肪酸というのは、
体に必要な成分として必須脂肪酸と呼ばれていますが

体内では生成できない成分であるため、
食べ物などから摂取しなければいけない成分です。

 

 

それに加え、えごま油には、
オメガ3必須脂肪酸が含まれています。
オメガ3には、たくさんの期待できる効果があります。

 

・うつ、認知症予防
・抗炎症
・動脈硬化や心臓病の予防
・がん予防
・悪玉コレステロールの低下

 

このような効果があります。

 

 

 

 

なぜ危険といわれているのか?

 

えごま油は危険だということも
言われています。

 

何故なのかというと…
偽物が出回っているんです!

 

 

えごま油は非常に熱に弱く
冷蔵庫保存がおすすめされているほどなんです!

 

 

ですが、韓国産のものなどは
高温で焙煎していることが多く、

えごま油の成分が酸化してしまっていて身体によくありません。

 

 

 

見極めるポイント

 

 

・低温焙煎であること
・国産であること
・日光が入らない瓶であったり箱入りである

 

 

という点に注意して購入することが大切です( ー`дー´)



 

 

実際に使っている人の口コミ

 

twitterでは
ヨーグルト+えごま油一杯+はちみつ

といったレシピで
朝ごはんやブランチを食べている人が

多く見られました。

 

 

大さじ1を毎日摂取するだけで
体にいいと言われています。

 

病院の先生は、
えごま油は熱に弱いので、熱を通さない卵かけごはんに
えごま油を一杯かけて食べていたりします。

 

 

といったコメントも見られました。

 

味がきついものではないので、
サラダや卵かけごはん、ヨーグルトなんかに

ちょっと工夫するだけで健康に保てるのは嬉しいですね(・∀・)

 

 

 

まとめ(えごま油の効能・効果・危険or危険ではない理由など)

 

えごま油は

沢山摂取する必要はなく、

一日大さじ一杯だけで健康な体づくりをしていくことができます。

 

 

ただし、市販のえごま油には
偽物が多く、選ぶ際に注意をしなければいけません。

 

えごま油に含まれている成分は
酸化しやすく熱に弱いため、

低温焙煎であることや国産であること、
箱や日光を通さない瓶に入っている

といったことに注意して購入することが大切です。

 

生活習慣病や日々の肌のトラブルなどの予防や改善に

ぜひえごま油を摂取してみてはいかがでしょうか。

 



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 6869faaddf144d06ecc497adef618be4_s
  2. 06dd772f3f824402c06177670a12b46f_s
  3. 288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297