インフルエンザB型の症状は軽いけど・・?意外と知られていない怖い話

この記事は3分で読めます

871a97f4f9b08d8c4100063acb61b8bf_m

どうも、くすおです^^

 

年末から、春の訪れまで長期に渡って流行る、インフルエンザ

 

まず、インフルエンザの発生について軽くお話ししたいと思います。

 

~なんでこんなに流行するの?~

 

インフルエンザウイルスは1年中いるのに、どうしてになるとインフルエンザが流行するのでしょうか??

 

これにはいくつかの理由が挙げられます。

 

まず、インフルエンザウイルスにとって温度20度前後、

 

湿度20%前後が最も生存に適した環境で、長時間空気中に漂っています。

 

冬の気象条件はウイルスにとって非常に都合が良いのです。

 

また冬は窓を閉め切った部屋にいることが多くなりますので、

 

室内に患者が一人でもいて、せきやくしゃみでウイルスをまき散らせば容易にうつってしまうんです。

8261e0cd40ba537c49870029c9e79011_m

ウイルスが気道粘膜に取り付くと猛スピードで増殖し、16時間後には1万個に、

 

24時間後には100万個に増えて粘膜細胞を破壊し始めます。

 

そのため、インフルエンザの潜伏期は非常に短く、短期間で大流行を引きおこしてしまいます。

 

私、くすおも、インフルエンザA型にかかってしまいました・・・。

 

3日間、38度以上という地獄でした。

 
<スポンサードリンク>

 

~インフルエンザB型?~

 

今回、私が注目したのは、症状の比較的軽いと言われている

 

「インフルエンザB型」です。

 

もちろん、インフルエンザA型が一番有名で、予防注射をされるのもA型がほとんどです。

 

じゃあなんでB型なのか??

 

それは、A型の予防注射をしていても、

 

「B型インフルエンザにかかってしまう可能性が十分にあるから」なんです。

 

そして、今年のインフルエンザではB型の流行が懸念されているからなんです!!!

 

症状が軽いと言っても、インフルエンザはインフルエンザですからね。

 

正常時よりは辛いですw

 

順を追ってインフルエンザA型・B型の説明をしたいと思います。

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_m

 

 

~インフルエンザの時期が来た!~

 

風物詩のように毎年流行していますね。

 

ご存じある方もいらっしゃるとは思いますが、

 

インフルエンザには、いくつかの種類が存在します。

 

インフルエンザA型

 

A型は、インフルエンザの種類の中で、

「最も流行性の高い」インフルエンザウイルスです。

 

世界規模で、流行するインフルエンザの大半はA型の可能性が高いです。

 

そんなA型の症状はどんなものがあるのでしょうか?

 

【インフルエンザA型の症状】

・38度~40度近い高熱

・寒気や悪寒

・めまい

・強度の関節痛

・腰痛

・上気道炎

 

このような症状が主な症状となります。

 

このような症状があった場合、早めに病院に行って受診しることをおススメします。

 

でないと、家族の方に移ってしまったりと、大惨事を招きかねません。

 

私も、数年前インフルエンザA型に感染したのですが、

 

40度という生まれて初めての超高熱で、立って歩けないというとても辛い思いをしました。

 

インフルエンザA型の潜伏期間は1~3日と言われていますが、その3日間は地獄でした・・・

871a97f4f9b08d8c4100063acb61b8bf_m

 

インフルエンザB型

 

次は、本題であるインフルエンザB型です。

 

私の友人のお子さんが今年、「インフルエンザB型」にかかった話をさせていただきます。

 

37度くらいで、嘔吐などを繰り返していたので、病院で診てもらうと

「胃腸炎」と診断されたそうです。

 

しかし、一向に症状は治まらず、悪化。

 

熱が38度まで上がってきたので、別の病院にかかると

 

「インフルエンザB型」と判明。

 

症状が通常と比べ、軽いだけに他の病気と間違われやすいんです。

 

そこから、熱が下がったかと思ったら、また38度を超す高熱になったりと、

 

「症状が比較的軽いけども長引く」という特徴があります。

 

73afd432d66db9de76de9bc49c7bb71e_m

 

・・インフルエンザB型の怖いところ・・

 

A型と比べると症状が軽いので、

 

上記のお子さんの例のように、放置しておくと、体内で猛威を奮う可能性がありますので、

 

・37度~38度の熱

・寒気や悪寒

・めまい

・関節痛

・腰痛

・倦怠感

・のどの痛み

 

などが長続きする場合は、病院に行ってインフルエンザの検査をしてもらった方が良いですね!

 

早期に治さないと、長期化してしまうと、約2週間ほど高熱を出してしまう可能性があります。

 

また、初期症状より悪化してしまう可能性がありますのでお気をつけください!!!

 

8beaead27c4b2964f5015b0f826bf43f_m

 

~まとめ~

 

インフルエンザに関して書かせていただきました。

 

A型は、症状が強く出ますので分かりやすいのですが、

 

B型は症状が軽くインフルエンザなのかな?って疑わないくらいのことがあります。

 

それに加え、長引くのでやっかいです。

 

ということで、A型B型問わず、インフルエンザの症状が当てはまった場合、すぐに病院に行きましょう。

 

少しでも、皆様のお役に立てれば幸いです。

 

読んでいただきありがとうございました^^

 
<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. cb8b25ea1612d128e06186a487ca2c65_s
  2. 08f546a2445ed22e1b33cff5a9839f1a_s
  3. humin2
  4. 496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s
  5. cb8b25ea1612d128e06186a487ca2c65_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297