こどもの日の由来を保育園児でも分かるように書いてみました!

この記事は4分で読めます

5cd152e03d78096ed9ccc88758df85d2_m

どうも、くすおです^^

 

5月5日といえば、ゴールデンウィーク真っ最中!

 

「わーい^^休みだー!」

 

って言ってるのが大人です。w

 

しかし、子供からすると5月5日は子供の日ということで、

 

誕生日、クリスマス以外で

ちょっとしたプレゼントやパーティーが開かれるテンションの上がる日

といっても過言ではないでしょう。

 

 

 

9776409ab7914231bcdcd460ccd7dab8_m

 

 

 

~盛りたくさんの行事~

 

2月14日がバレンタインデー

 

3月3日が桃の節句

3月14日がホワイトデー

 

4月14日がオカマの日

 

5月5日がこどもの日

 

と、4か月に渡って行事があるんですね!

 

4月はあまり関係ない人が多いでしょうけどww

 

 

 

 

そんな「こどもの日」ですが、

由来は何なのでしょうか??

 

 

昔からある行事ですし、

難しく解説してあるものならたくさんありますが、

 

 

そういったことを聞いてくるのは、

お子様がメインです。

 

ということで。

 

 

 

保育園児でもわかる「こどもの日」の由来

を書いていきたいと思います!!

 

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

~保育園児でも分かる「こどもの日」の由来~

端午の節句の由来

 

もともとの始まりは、

古代中国の厄払いの行事です。

 

端午の「端」には、「初めの」という意味があります。

 

そして、「端午」の「午」とは

月の初めの「午の日」

を指す言葉だったそうです。

 

 

 

やがて5月が十二支でいう

午の月にあたり、

 

 

「午(ご)の日」

 

「五の日」に似ることや、

奇数が重なる日というのは、

 

おめでたい日と言われていたため

 

5月5日=端午

 

これが由来となっています。

 

 

 

 

→保育園児用←

 

中国という国で、

5月5日はおめでたい日^^

 

そのおめでたい日を

日本でもお祝いしようねーってのが始まり^^

 

 

中国から日本へ

 

端午という文化が、日本に伝わった後に、

 

元々日本にあった

 

伝統行事「五月忌み」「端午の節句」が融合し

 

平安時代に、

「端午の節会」という宮中で行われる行事となったそうです。

 

その行事の中で「菖蒲」を身体に付けたり、

飾ったりする習慣が生まれました。

 

また、その菖蒲の葉が剣に似ているということから、

兜に菖蒲を飾るなど、男の子の祭りに向かっていくのでした。

 

 

時代は進み、

江戸幕府が五節句の一つに

 

「端午の節句」を定めたことで

 

「男の子が強く、成長して立身出世することを願う行事」

 

として次第に宮中から、

庶民へと定着していったそうです。

 

 

 

→保育園児用←

 

遠い昔昔のこどもの日は、

「男の子」の成長を願って行われていた行事^^

 

 

AC_12ILAO23

 

 

 

 

こどもの日、誕生

 

時は流れ、昭和23年、

「男女の性別に関係なく子供の幸福を願う日」として

 

法律で定められました。

 

これが、「こどもの日」となりました。

 

 

 

 

 

 

~保育園児にも分かる「こどもの日」の行事~

 

 

 

こいのぼり

4f0d1f027f71b9d7878dcdf36a0d5d7c_m

 

 

 

こどもの日には、

こいのぼりを上げるという文化があります。

 

中国の滝を登り切った魚には、

霊力が宿り、龍になるという言い伝えがあったそうです。

 

こいのぼりには、

霊力を持った魚のように登り切って

「立身出世」してほしいという願いが込められているんです。

 

その願いを込めて、こいのぼりをあげるんですね^^

 

 

 

 

→保育園児用←

 

こいのぼりは、

お魚さんのように水の中をスイスイ泳ぐ元気な子になるように

という意味であげられるんです^^

 

 

 

 

五月人形

0604_3

こちらは、

人形が人の厄を代わりに受けてくれるという

「身代わり」を意味するようです。

 

 

武者の人形は有名ですが、

 

その「武者人形」は

 

こどもが勇ましく育つように

 

という願いを込められて飾るそうです。

 

 

 

 

→保育園児用←

 

人形さんが、みんなを守ってくれるんです^^

 

 

 

 

 

鎧・兜

13to-case37

この鎧と兜は、武士の命を守る物ですので、

 

「災いから子供を守り、成長してもらえるように」

 

という願いを込めて飾られるようです。

 

 

 

 

→保育園児用←

 

 

防具をつけて、攻撃から守り、

強い子供になるように願いを込めて^^

 

 

 

 

~まとめ~

 

こどもの日の由来が、

中国だとは思いもしなかったですよね!

 

また、兜や鎧などのイメージが強いため、

「男の子」のお祝いの日というイメージがありますが

 

 

 

性別関係なく、お祝いする日なんです。

 

 

 

歴史も長く、

これからも大切にしていきたいイベントの一つですよね^^

 

 

お子さんがいらっしゃる方は、

お子さんのご成長願っております!

 

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

読んでいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. c5e977f08cf97fd90c4e1074093128c0_s
  2. 076c802b636ae75509b13ed55e8087ad_s
  3. cddec4c4769d13cdf50cbca4f677d4eb_s
  4. 316473b7b82cdae48eea736187bda821_s
  5. c524f96a25646449c23654e99da1d560_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297