ハムスターのトップ3種類!あなたが飼いやすいのは・・・?

この記事は4分で読めます

78e920352da9df2590f2a9b185b0e845

どうも、くすおです^^

 

「ペット」を飼われたことありますか??

 

犬、猫を筆頭にペットブームってありましたよね!

 

しかし、犬や猫は場所が必要ということで

 

小さくて、種類の多い小動物が再びブームが来ているようです。

 

そこで、今回は私も飼ったことのある「ハムスター」について書いていきたいと思います^^

 

 

 

 

 

 

~ハムスターの根強い人気~

 

種類も豊富ですし、飼育のためのスペースをとらないので、

 

狭い部屋やワンルームでも非常に飼いやすいです。

 

また、マンションは基本的にはペットの飼育は不可なところがありますが、

 

ハムスターなどの小動物は鳴き声がしないこと、

 

臭いがあまりしないことなどの理由から人気は根強いですよね。

 

また、ハムスターってかわいいんですよね!!

 

ご飯を食べるときとか見てると、本当に癒されます^^

 

 

 

~ハムスターの種類の豊富さにびっくり~

 

一般的に「ハムスター」と言ってもたくさんの種類があることをご存知でしょうか??

 

基本的にハムスターは「飼いやすい」といわれています。

 

ペットショップにいる有名ないくつかの種類のハムスターを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

キンクマハムスター(飼ったことアリ)

anko_1

 

キンクマハムスターは、ゴールデンハムスターを品種改良したため、ちょっと大きめです。

 

おっとり系で人懐こいので飼いやすいため、とても人気があるハムスターです。

 

きれいなクリーム色の毛色に、ちょっと長めの毛を持つことが多く、

 

その愛くるしい姿から特に女性に人気があるようです。

 

大きめの体なので、存在感もありますが、飼育スペースはさほど広さを必要としません。

 

最初は怖がりで警戒心の強い子も多いので、ゆっくり人に慣らしていくとよ良いかもしれません。

 

 

 

 

ゴールデンハムスター(飼ったことアリ)

 

smallanimal661

 

ゴールデンハムスターは、最も知名度や歴史があります。

 

人懐っこく飼いやすいことで有名です。

 

また、大きく、温和な性格であるため、

 

昔からとても人気が高いハムスターです。

 

ゴールデンの場合は、メスの方が、オスよりも大きいことが多いという特徴があります。

 

※注意※

 

色の種類が多いのも特徴ですが、複数を同じゲージ内に入れて飼うには適していないため、

 

単体で飼うことを徹底する必要があります。

 

 

 

ジャンガリアンハムスター(飼ったことアリ)

 

smallanimal565

 

ハムスターを飼うのが初めての方にも飼いやすいこと

 

毛色のバリエーション、性格のバリエーションが豊富なことから、

 

知名度バツグンであるジャンガリアンは、

 

両手で餌を持って食べる姿がとんでもなくかわいいんです。

 

また、低予算で買えることでも有名です。

 

ノーマルなグレイに黒い縦線の毛色のほかに、

 

サファイアブルー、パールドワーフ、プティングなど種類も豊富です。

 

性格は人間と一緒で、神経質な子もいれば、おっとりした子もいますので、

 

ペットショップでよく見てからご自身の好みと比べながら選びましょう。

 

全ての個体ではありませんが冬にかけて毛が生え変わります。

 

海外ではジャンガリアンのことをウィンターホワイトと呼ばれているようです。

 

見た目が白っぽく、まだらに、時には全身が真っ白に換毛します。

 

 

 

※噛まれる※

 

慣れる子はとことん慣れる、噛む子はとことん噛む と個体差が激しいです。

 

子供の頃から人間を怖がらない子は飼育直後から手乗りすることもあります。

 

一度噛み始める、もともとから噛み癖がある場合は注意が必要です。

 

噛まないようにするには根気と時間が必要ですが、一生噛み続ける場合もあります。

 

 

以上3種類の特徴をお話させていただきました。

 

 

 

 

~ハムスターを飼う際に知っておくべきこと~

 

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

 

安心を求める

 

野生のハムスターは地下の狭いトンネルのようなところで生活していますので、

 

ペットのハムスターもこの習性が残っています。

 

広い空間よりも体がぴったりと触れるような狭い場所が好きです。

 

というのも、体が壁に触っていれば、

 

そこから敵の攻撃を受ける心配がないため、安心するからです。

 

ですので、飼育下ではハムスター用のパイプや床材を深く敷くと喜びます。

 

 

運動大好き

 

1日に約20kmも動き回ります。運動神経も抜群で、

 

ケージの金網や縄ばしごを上ったりと活発に行動します。

 

o0320024112528713164

 

夜行性

 

夕方から朝までが活動時間です。

 

もともとハムスターの故郷は、天敵である猛禽類のワシやタカが多く、

 

危険を避けるため夜巣穴を出て行動していました。

 

昼間は寝ていて、14時間くらい眠っています。

 

だから、夜になるとあんなに元気なんですよねっ^^

 

 

単独行動

 

繁殖以外は単独で生活します。

 

2匹一緒に同じケージに入れると喧嘩になることが多々起こります。

 

これは、縄張り意識が強いためです。

 

ほかのハムスターが入らないように、

 

自分の領域には腹部の脇にある臭腺から分泌液を出して匂いをつけるマーキングを行うためです。
<スポンサードリンク>

蓄える

 

もともと、ハムスターという名は、

 

ドイツ語で「貯蔵する」という意味の「hamstem」に由来しています。

 

食料を与えると、まずほお袋にためます。

 

ほおの皮は伸び縮み自由で、食べるにしたがい両側が膨らんできます。

 

ほお袋がいっぱいになると、初めて奥歯でかんで飲み込みます。

 

そのほお袋は、野生で暮らすハムスターが冬越しの食料を巣穴へ運ぶためのものなのです。

 

この習性は飼っている場合でも残っていますから、

 

毎日巣箱を点検して溜め込んだ食料は掃除してください。

 

 

キレイ好き

 

夕方目覚めて一番にすることは毛づくろいです。

 

両方の前足で念入りに頭を撫で回し、

 

口がとどく胸から腹にかけては舌でなめるなど、身だしなみには気をくばります。

 

 

 

 ~まとめ~

 

今回は、飼いやすいといわれている「ハムスター」を3種類話させていただきました。

 

これから、新生活が始まるなど、寂しくなる方はハムスターを飼ってみてはいかがでしょうか??

 

すごく癒されますよ-。

 

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

読んでいただきありがとうざいました^^

<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 58a97b81cbf57e2240b14551eb6104e3_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297