花粉症の症状?「眠い」と感じたあなた!知ってますか?

この記事は4分で読めます

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

どうも、くすおです^^

 

春になると、新生活!新たな出会いだ!

 

なーんて思っているとなんだか鼻がむずむず・・・

 

そうです。

 

あの季節がやってきた・・・

 

なんて思ってる人がたくさんいます。

 

~花粉症の人たち~

 

花粉症のシーズン到来ですね。

 

現在、日本の人口の5人に1人が花粉症といわれています。

 

ということは人口が1億2000万人として、

 

約2400万人花粉症で悩んでいます。

 

最近は、花粉症の症状を訴える子供も増加傾向にあるようです。

 

↓↓↓関連記事↓↓↓

子供が花粉症になったら何科に行くか知ってますか?

 

しかし患者のは20代から60代の働き盛りの方が大半。

 

朝から晩まで、そして眠いときには睡眠を妨げる花粉症。

 

花粉症の時期を2か月と想定しても、

 

「眠い」という症状が続く限り仕事への集中力はかなり下がるはずです。

 

本当にやっかいですよね。

 

 

では、花粉症の症状はどういったものがあるのでしょうか??

 

5a232a5846b0bf447e2c60434d2f52ae_s

 

~花粉症の症状~

 

花粉症の症状として

 

主な症状は、くしゃみ、水性鼻濡、鼻閉です。

 

それ以外にも咽頭部や眼の「かゆみ」や異物感、

 

流涙、頭痛、皮膚炎のような症状などさまざまな症状を示します。

 

 

 

花粉症の症状って生活に直結するので、しんどいですよねー。

 

 

 

僕の母は、花粉症が症状が重い方なので、

 

花粉症のシーズンは、できるだけ外に出ないようになります。

 

花粉症のシーズンが到来すると、洗濯物などにも花粉が付着するので、

 

庭の洗濯物干し場が、ビニールハウスのように、外気に触れない使用になりますw

 

 

 

しかし、花粉症の人からしたら、それほど深刻なことなんですよね・・・

 

こういった症状以外にも「眠気」という症状に悩む方が実は多いんです。

 

 

6987f450efdb411607b81a80dc7f6d72_s

 

 

~なんだか「眠い」なぁと思ったら注意!~

 

そもそも冬から春への季節の変わり目は、

 

昼と夜、また日々の気温の変動が激しくなるため、

 

自律神経がその変化に対応しきれなくなり

 

バランス調整が狂ってしまいます。

 

これが原因で、

 

 

「眠い」やカラダが「だるい」などの不快な症状が起こりやすくなるんです。

 

 

 

それに加えて、花粉症に処方される薬には、副作用として眠気が起こるものがあります。

 

処方される薬では、抗ヒスタミン薬が知られています。

 

 

この薬はアレルギーを引き起こすヒスタミンの働きを阻害し、

 

クシャミや鼻水を抑える効果があります。

 

しかし、その効果を示す反面、

 

眠気や集中力の低下などの鎮静作用もあります。

 

特に運転中に「眠い・・・」ってなったら本当に危険ですので対策が必要ですよね!

 

 

 

~「眠い」対策~

 

 

睡眠をしっかり取る

 

睡眠不足は自律神経を不安定にしてしまいます。

 

特に花粉症の方は自律神経が不安定になりやすくなるので、

 

自律神経を安定させる為にも睡眠が必要です。

 

 

最低でも6時間以上の睡眠がベストです。

 

91f21decc9e5499b1b461f01fa7bce5d_s

 

乳酸菌をとろう!

 

乳酸菌は腸の働きを活発にします。

 

腸が活発になる事で、免疫力が向上します。

 

花粉症で辛い方の大半は、腸内環境が乱れている事と、薬を習慣的に飲む事で、

 

腸内環境を悪化しやすくしてしまうんです。

 

花粉症の薬を飲んでいるからこそ、

 

乳酸菌をとり、薬に負けない腸作りが大切になります。

 

とは言っても、花粉症の症状をを抑えるためには、薬に頼ってしまいますよね。

 

 

 

 

 

しかし・・・
<スポンサードリンク>

~薬に頼るのはNG??~

 

「眠いのに、眠ることは絶対できない!」

 

など、どうしようもない症状を、早く改善したい、

 

楽になりたいので、

 

 

どうしても花粉症の薬に頼ってしまいがちになります。

 

ただ、

 

 

即効性があるということは、

 

その分からだにかかる負担があります。

 

 

つまり副作用です。

 

 

逆に言ってしまえば、

 

副作用がなければ、即効性のある症状の改善は期待できません。

 

 

 

しかし、普段、薬を飲む習慣がない方が、花粉シーズンだけ薬を飲み続けると、

 

カラダは、薬に対応しきれなくなります。

 

その際に一番ダメージが大きいのはどこかご存知でしょうか?

 

一番ダメージが大きい部分は、なのです。

 

薬を飲む習慣をする事によって、腸が過剰に働くことで弱ってしまいます。

 

結果、腸が弱ってしまう事で薬の吸収も悪くなり、

 

当初の効き目に比べそうでもなかったりもします。

 

 

 

腸が正常に機能しなくなってしまった場合、副作用が連鎖してしまいます。

 

ですので、やはり上記で述べたように、

 

「乳酸菌」が花粉症を薬以外で解決する一番だと私くすおおすすめです。

 

 

 

~乳酸菌で色々解決できちゃう!~

 

まず、乳酸菌を摂取することで、便秘を解消します!

 

腸内が活発になることでカラダもはつらつとしてきます。

 

そして、お子さんなどは薬のアレルギーを起こしやすいので、

 

お子様の花粉症改善にも効果的です。

 

↓↓↓関連記事↓↓↓

子供が花粉症になったら何科に行くか知ってますか?

 

 

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

 

 

~まとめ~

 

今回は、花粉症の症状の一つである「眠い」に関して書かせていただきました。

 

お子さんにも増えてきている「花粉症」。

 

乳酸菌の摂取を習慣化することで、花粉症の症状を抑えるからだになります。

 

お子さんを含め、花粉症の可能性のある皆様が、

 

少しでも症状が治まることを願っております。

 

読んでいただきありがとうございました^^
<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014060201_240x240
  2. 68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s
  3. 10be938ad14bf19a693ca50a317e0f9f
  4. d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s
  5. 50bb4b8be287d5c46b28d733fdaf94d4_s
  6. d5c9a17d0e444500b5289224cb8a50b3_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297