アルコール依存症の症状と認知症がなんで一緒なの?

この記事は4分で読めます

6869faaddf144d06ecc497adef618be4_s

どうも、くすおです^^

 

 

唐突ではありますが、お酒飲む方へお話させていただきます。

 

お酒の場って本当に楽しいですよねー!

 

 

しかし、かわいそうなことに私の友人はお酒が飲めません・・・
<スポンサードリンク>

~飲んだらすぐ症状が!~

 

一度、その友人の誕生日会でテンションが上がり飲んだのです。

 

あまーいあまーい女性が飲みそうなカクテルをくいーっと!

 

 

すると、症状が・・・

 

漫画のように、一杯飲んだだけでぶっ倒れましたw

 

 

そんな友人は言いました。

 

「あの雰囲気が良いんだよねー」

 

なんてシラフが目を細めながら言ってやがりました。

 

 

 

けど、「あの雰囲気」ってわかります。

 

楽しいですもん。

 

 

その雰囲気で、アルコールが入ったもんなら・・・

 

楽しくて仕方ないですよねw

 

66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_s

 

 

 

しかし!

 

 

毎日のようにお酒を飲んでいると、

 

とんでもないことになりかねないんです。

 

今日は、そんな怖い話をしていきたいと思います。

 

 

まずは、お酒が導く病気でとても多い

 

「アルコール依存症」のお話です。

 

c8229527b474220f57969062c1b85eb6_s

~アルコール依存症とは~

 

 

アルコール依存症は、 年齢・性別関係なくなってしまう病気で、

 

遺伝的な体質と飲み方によってなってしまう病気です。

 

アルコール依存症になると、飲酒のコントロールができなくなってしまい、

 

体にアルコールが入ってないと、落ち着かなくなってしまうようです。

 

ひどい場合、手足の震えが止まらなくなるようです。

 

 

この「アルコール依存症」が引き起こす病気の症状として

 

近年注目を集めているのが

 

 

「認知症」です。

 

 

アルコール依存症とどのように関係しているのかを話す前に

 

「認知症」とはどういったものか書いていきます。

 

201101

 

 

~認知症とは~

 

認知症とは、「痴呆」とも言われています。

 

その認知症ですが、

 

「正常に発達した知能が、脳の後天的な障害によって正常なレベル以下に低下した状態」

 

のことを言います。

 

 

よく言われている認知症の症状の特徴として・・・

 

 

記憶障害

 

・何度も同じことを聞いたり、言ったりする。

 

・ものをしまった場所や置いた場所が思い出せない。

 

・水道のだしっぱなしが多くなる。

 

・食事をしたことなど、直前のことが思い出せない。

 

 

見当識障害

 

・現在の日付や曜日がわからない。

 

・自分の居る場所がわからない。

 

・知人の顔がわからない

 

 

判断力の低下

 

・夏なのに冬の服装、冬なのに夏の服装を着る。

 

・人違いが多くなる。

 

・自分が何するべきか判断できなくなる。

 

などの特徴があります。

 

 

では、「認知症」「アルコール依存症」

 

 

この二つがどう関係しているのでしょうか??
<スポンサードリンク>

~アルコール依存症と認知症の関係性~

 

長期に渡って飲酒を続けていると、

 

持続的で非可逆的な認知症になることが あると証明されているんです。

 

 

この病気のことを、「アルコール性認知症」と呼ばれています。

 

 

非可逆的ということは、戻ることのできないという意味ですので、

 

一度なってしまうと症状を治すことは難しいんです。

 

 

「認知症」「高齢者」というイメージをお持ちだと思いますが、

 

なんと、若い年齢の方でもアルコール依存症が原因で、

 

認知症に繋がる「前頭葉機能」に障害が起きてしまうようです。

 

 

また、

 

認知機能の障害を起こしている原因を見つける必要があります。

 

「アルコール性認知症なのか」

 

「アルコール以外に認知症の原因があるのか」

 

をしっかりと検査すべきです。

 

 

動物実験においては、アルコールを大量に投与することで

 

脳障害が起きることが判明しています。

 

c18d4af887b925c2718ced3ff67e5310_s

 

 

しかし、人間の体ではまだ解明されていないところもあります。

 

アルコール性認知症は、非可逆的な病気といわれていますが、

 

「断酒」することによって物忘れの症状が改善された例も少ないながらありますので、

 

 

アルコールが脳に何らかの悪い影響が及ぼすことは間違いないようです。

 

 

~どのくらいの量で依存症になるの?~

 

 

通常男性の場合【1日あたり】

 

・ビール500ml

 

・日本酒1合弱

 

・25度焼酎なら100ml

 

・ワイン2杯

 

程度といわれています。

 

1日の飲酒量がこの3倍以上になると「飲みすぎ」となり、

 

アルコール依存症になるリスクが高まると警告されています。

 

 

単純計算すると1日に

 

・ビール3本、

 

・日本酒3合弱、

 

・25度焼酎300ml

 

・ワイン6杯程度

 

を超える量にあたります。

 

 

~まとめ~

 

楽しくてついつい飲んでしまう「お酒」。

 

「お酒は飲んでも飲まれるな」とはよくできた言葉ですね。

 

アルコール依存症になってしまっては、取り返しがつきません。

 

お酒を飲まれる皆さんも気をつけてくださいね^^

 

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

読んでいただきありがとうございました^^
<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Perfect beautiful body of young girl
  2. d5c9a17d0e444500b5289224cb8a50b3_s
  3. f2c743fb5795fecca7a7ebe0676178d2_s
  4. 50bb4b8be287d5c46b28d733fdaf94d4_s
  5. 000001498
  6. cabc9b2344f3800355d90d67acdba54d_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297