多汗症の治療に通う人が実は多い?何科にいくのが正解?

この記事は4分で読めます

rp_eb29427e5a26908ad5518a26af01d8e0_s-300x200.jpg

どうも、くすおです^^

 

暖かくなってくると、悩むのが「汗」ですね。

 

「電車の時間が間に合わずダッシュ!間に合ったー。なんて油断してると汗がだらだら・・・」

 

「普通に歩いているだけなのに、会社についたら汗が滝のようにザー・・・」

 

「ラーメンを食べてたら、汗がスープにポタポタ・・・」

 

 
<スポンサードリンク>

 

といったように「多汗症」で悩んでいる方は結構いらっしゃると思います。

 

私くすおは、多汗症とまではいきませんが、多汗症?ってくらい汗をかきます。

 

多汗症って言っても、自覚症状のない方もいるようなんです。

 

 

 

ですので、簡単ではありますが

 

下記の項目に当てはまったら

 

多汗症の治療をすべき可能性がありますのでチェックしてみてください。

 

 

~あなたは多汗症?~

 

≪多汗症の症状≫

 

暑くもなく、緊張もしていないのに日常的に汗が出ているという症状があります。

 

手のひら・足の裏・顔面など限られた場所で局所的発汗が特徴です。

 

 

 

自律神経のバランスの乱れや交感神経の反応が強すぎるといった一因が言われていますが

 

原因はまだ解明されていません。

 

 

多汗症の程度は手のひらの発汗で判断されます

 

 

 

 

 

『軽度』・・・肉眼では水滴が見られない

 

 

『中度』・・・見た目濡れていて水滴があるとき

 

 

『重度』・・・水滴がびっしょりで汗が滴り落ちる

 

 

 

 

 

多汗症は命に関わる病気ではないですが精神的苦痛や生活に問題が発生するんです。

 

 

・人と手を握る事ができない ・触った後・歩いた後に汗が残る

 

・汗で用紙が濡れて書けない ・汗が落ちショートして電気製品が使えない

 

 

 

では、多汗症の治療を考える場合、何科を受診すれば良いのでしょうか?

 

 eb29427e5a26908ad5518a26af01d8e0_s

 

 

~多汗症かな?悩んだら、何科に行く?~

 

【軽い場合】

 

上記のチェック項目で、「軽度」・「中度」の場合・・・皮膚科で診療してください。

 

お薬を処方してもらえるはずです。

 

汗腺を詰まらせる性質がある薬を使い、1日数回塗るだけで発汗を押さえられる効果があります。

 

ですので、まずは皮膚科に行って診てもらいましょう!

 

 

 

【重度の場合】

 

お薬で効かない「重症」になると何科にいく・・・?

 

「多汗症」は自律神経のひとつである交感神経が過度に緊張することが原因です。

 

 

 

重度の場合、皮膚科の先生による治療も、なかなか効果が得られないようです。

 

そこで出てくるのが「手術」です。

 

 

 

 

胸部手術を行いますので呼吸器外科・胸部外科・外科です。

 

 

 

手術を考える前に一度、皮膚科で相談してみると良いかもしれません。

 

その結果、手術を考えるようなら皮膚科の先生から、

 

呼吸器外科・胸部外科・外科を紹介してもらうという流れが一番です。

 
<スポンサードリンク>

 

 

 

 

~多汗症の治療 ~

 

治療はしたいけれど、手術をしたくない方もいらっしゃると思います。

 

そういった方には、ボトックス注入をおすすめします!

 

 

【効果】

 

ボトックスを皮下に注射すると、交感神経の作用を弱める効果があるようです。

 

1度注射すると4~5ヶ月の間、ほとんど汗をかかなくなります。

 

 

これを試せば、毎年の悩みが解消されて、多汗症から開放された気分になります。

 

 

 

あの汗をかいた後の、イヤな感じもピタッとなくなって快適になるとの口コミ多数です!!

 

もっと重度の多汗症の場合、ダイオードレーザーと言う治療法もあるようです。

 

 

ddd9fb1340b36ab5674ebfd7f28f587d_s

 

~多汗症 治療 ~

 

【食べ物】

 

食べ物によって、汗をかきにくくすることができます。

 

多汗症に効く食べ物には、豆腐や納豆などの大豆製品があります。

 

 

 

大豆には、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれていて、

 

自立神経を安定させ、発汗を抑える効果があると言われています。

 

 

 

そのため、大豆製品を継続的に食べることで、多汗症の症状が抑えられる可能性が期待できます。

 

また辛みや甘味など、刺激の強い食べ物は、汗をかきやすくするため、控えることも効果的です。

 

 

【入浴】

 

汗には、ニオイのある汗とニオイのない汗があります。

 

老廃物が溜まっている時は、ニオイのある汗が出ます。

 

そのような時には、汗腺を開かせて、汗をかき、老廃物を出すと良いでしょう。

 

 

熱いお湯に15分程度浸かることで老廃物を出すことができます。

 

湯船から上がっても少しの間、汗は出続けますので、汗が止まるまでそのまま待ちましょう。

 

 

汗が出ている間は服を着ないで、汗が止まったと感じたら服を着るようにします。

 

最後に、水分補給も忘れずに行い、身体の中をきれいにすると良いでしょう。

 

 

 

~まとめ~

 

多汗症の方は、遺伝的なもの・体質的と割り切っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、上記で述べたように多汗症は治療すれば「改善」されます。

 

何科に行けばよいのか迷われている方は、まず皮膚科へいきましょう!

 

 

~終~

 

 

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

読んでいただきありがとうございました^^

<スポンサードリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. fb91397b96b845fe73113d8331834eeb_s
  2. 20141203-00010004-bjournal-000-view
  3. 7d9734ae35aedf94064d061e34f77134_s
  4. d2e5defff66a06f67b4f8b2e74259b65_s
  5. 9e6e7bd25a5c3ce1ea1f1937fd8dd31d_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297