クレヨンしんちゃんの映画は感動する?人気ランキング【動画あり】

この記事は8分で読めます

m_E382AFE383ACE383A8E383B3E38197E38293E381A1E38283E382931

 

 

 

 

 
どうも、くすおです。

 

なんだか、自分のブログを読み返して思ったんですが・・・

 

 

 

堅い!!!

 

そして

 

固い!!!

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

みな様のためになる記事

を書きたいという思いで

 

 

書いてきたのですが、

いかんせんお堅い記事が多い。

 

 

 

ってことで、

エンターテイメント記事も増やしながら

書いていこうと思います^^

 

 

 

今回はバラエティー第1号として

 

 

私くすおが愛してやまない

 

 

 

「クレヨンしんちゃん」について書いていきたいと思います。

 

 

004

http://www.4gamer.net/games/239/G023957/2013112002…

 

 

 

 

~クレヨンしんちゃんは子供の見るもの?~

 

 

「クレヨンしんちゃん」と見て

 

 

「は?」

 

 

 

って思った方!!!

 

 

 

これを読み終わる頃には、

 

 

「ク、クレヨンしんちゃんの映画・・・み、見てもいいぜ?」

 

「今日ツタヤで借りようかなー」

 

「え。感動すんの??」

 

 

って感じになるかもしれませんよw

 

 

 

クレヨンしんちゃんの映画は、20年くらい前からあります。

 

ファンも年を重ねているため、

 

大人のクレヨンしんちゃんの映画ファンは意外と多いんです!

 

 

種類でいうと、実に22作品があるんです!!!

 

 

 

 

~感動と話題の映画一覧~

 

・アクション仮面VSハイグレ魔王(1993)

 

・ブリブリ王国の野望(1994)

 

・雲黒斎の野望(1995)

 

・ヘンダーランドの大冒険(1996)

 

・暗黒タマタマ大追跡(1997)

 

・ブタのヒヅメ大作戦(1998)

 

・温泉わくわく大作戦(1999)

 

・嵐を呼ぶジャングル(2000)

 

・オトナ帝国の逆襲(2001)

 

・アッパレ!戦国大合戦(2002)

 

・栄光のヤキニクロード(2003)

 

・夕陽のカスカベボーイズ(2004)

 

・3分ポッキリ大進撃(2005)

 

・踊れ!アミーゴ!(2006)

 

・歌うケツだけ爆弾!(2007)

 

・金矛の勇者(2008)

 

・カスカベ野生王国(2009)

 

・オラの花嫁(2010)

 

・黄金のスパイ大作戦(2011)

 

・オラと宇宙のプリンセス(2012)

 

・B級グルメサバイバル!!(2013)

 

・逆襲のロボとーちゃん(2014)

 

 

 

いやー。

 

素晴らしいラインナップwww

 

すべて見ました!!!^^

 

 

 

 

この中でも大人が観ても感動する・面白いと評判の

 

 

映画ベスト5を独断と偏見を交えて発表していきたいと思います!

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

 

 

~くすおが選ぶクレヨンしんちゃんの感動映画ベスト5~

 

 

 

5位 歌うケツだけ爆弾!(2007)

 

 

~あらすじ~

 

「シロはオラがお守りするゾ・・・」

 

巨大な隕石が現れる・・・。

 

爆弾で爆破させるが、

1つだけが不発となってしまい、

 

爆破の衝撃で地球に向けて飛んで行ってしまうのでした。

 

 

 

しんのすけがシロと遊んでいると、

不発弾である円盤を見つけるのであった。

 

その円盤を投げて遊んでいたところ、

シロのお尻に円盤がくっついてしまう。

 

 

 

国際宇宙監視センターという機関によって、

その円盤が

地球を破壊できるほどの威力を持った

爆弾であると判明。

 

その円盤をは取ることができず、

大人の事情で、「シロ」もろとも宇宙に打ち上げることに。

 

 

 

つまり、シロを見捨てるってことです・・・

 

しんのすけはそのことを断固拒否

 

シロを守るため、しんのすけはシロを連れて家から逃げ出すことに・・

 

 

 

こうして、

世界65億人VS しんのすけとシロの戦いが始まるのです。

 

 

 

 

~見所~

 

なんといっても、しんのすけのシロへの愛情です!

 

ペットを飼っていらっしゃる方は、

間違いなく涙でしょう。

 

「しんのすけとシロ」というテーマに集中させた感じがあります。

 

特に、

ボロボロと泣きながらたった一人、

必死で逃げるしんのすけの姿は印象的です。

 

 

 

 

 

【歌うケツだけ爆弾 予告動画】

 

 

 

 

4位 逆襲のロボとーちゃん(2014)

 

 

 

 

 

~あらすじ~

 

ギックリで腰を痛めたひろしは

突如現れた謎の美女に連れられ、

 

マッサージ兼ねて

エステの「無料体験」を受けることに。

 

 

エステを終えて家に着いたひろしだったが、

そこで自分の体がロボットになっていることに気づき、ビックリ!

 

ロボットになった自分を前に

警戒心むき出しのみさえに対し

大喜びのしんのすけ。

 

 

そんな中ひろしは、

自分の体がロボットになった原因

あのエステサロンであったことに気づく。

 

 

 

 

それは、邪険に扱われる日本の弱い父親達の

復権を企てる『父ゆれ同盟』の恐るべき陰謀だった。

 

 

 

 

「家族は、オレが守る!!」

 

崩壊寸前のカスカベを前に

ロボットになったひろし=ロボとーちゃんが、

しんのすけと共に立ち上がる。

 

 

 

 

 

~見所~

 

2014年に公開され、瞬く間に

 

「今年一番感動した映画」

 

「クレヨンしんちゃんの映画で一番感動する」

 

と評判が広がった作品です。

 

 

 

 

一番の見所は

ロボとーちゃんが家族愛に目覚めていく所です。

 

分身(ロボット)が

「俺が本物だ」と叫びながら家族を取り合うんです。

 

 

しんのすけも父に抱く愛情と同じものを

ロボとーちゃんにも感じるようになるんです。

 

 

最後のシーンに泣かされてしまいます。

 

 

 

 

【逆襲のロボとーちゃん 予告動画】

 

 

3位 ヘンダーランドの大冒険(1996)

 

 

 

 

~あらすじ~

 

闇に覆われたどこかの国。

 

ゴーマン王子がお姫様を救うため

二人のオカマ魔女:マカオとジョマに立ち向かったが、

 

マカオとジョマの魔法によって、

呪いをかけられてしまう。

 

 

 

しんのすけ達は、

ふたば幼稚園の遠足で群馬に出来た

新しい遊園地「ヘンダーランド」に遊びにきていた。

 

そこでひまわり組のみんなと

はぐれてしまったしんのすけは、

 

 

サーカスのテントの中で

トッペマ・マペットという

不思議なねじ巻き人形と出会う。

 

 

 

 

~見所~

 

この映画は、感動というより、

「面白さ」が前面に出た作品です。

 

 

間違いなく子供も大人も

笑って楽しめるクレヨンしんちゃん映画です。

 

 

 

子供の頃から何度も見た作品なのに

大人になった今でも十分面白いというより、

 

子供の頃は意味のわからなかったギャグが

大人になって分かり、

視点が変わったことによる面白さも生まるんです。

 

 

 

 

 

【ヘンダーランドの大冒険 予告動画】

 

 

 

 

 

 

 

 

2位 アッパレ!戦国大合戦(2002)

 

 

 

 

 

~あらすじ~

 

シロが庭に掘った大きな穴の中で、

筆で書かれた手紙を見つけたしんのすけ。

 

 

閉じた目をゆっくり開けると、

そこは何と戦国時代だった!

 

 

 

 

戦で命を狙われていた

春日家の武士・又兵衛を偶然救ったしんのすけは、

 

 

お礼に城へと案内され、

春日の姫、廉様に出会う。

 

 

しんのすけを捜して後から到着したひろしたちを加え、

つかの間の楽しい時間を過ごすが、

 

 

春日家には廉姫の政略結婚をめぐる

不穏な戦の風が吹き始めていた。

 

 

そして、又兵衛の恋の行方は・・・

 

野原一家はどうなる!???

 

 

 

 

~見所~

 

 

まず、こどもよりも大人向け感が強いです。

 

クレヨンしんちゃん映画の不変のテーマである「家族愛」はもちろんですが、

 

 

 

 

特にこの映画では「身分違いの恋」の切なさが語られ、

 

「命の大切さ」が語られ、

 

そして「誰にでもその時代にそこで生きる意味がある」ということが語られているように感じました。

 

 

 

 

【アッパレ!戦国大合戦 予告動画】

 

 

1位 オトナ帝国の逆襲(2001)

 

 

 

 

~あらすじ~

 

突如、春日部に誕生した“20世紀博”。

 

そこはひろしやみさえたちが育った70年代のテレビ番組や映画、

 

そして

暮らしなどを再現した

懐かしい世界にひたれるテーマ・パークだった。

 

 

そこで大人たちは子供そっちのけで

“20世紀博”に熱中していくのだった……。

 

 

 

懐かしさに浸ってしまい、

仕事を放棄し始める大人たち。

 

 

 

家族を失う危機に直面するしんのすけたち。

この窮地をどう乗り越えるのか・・・。

 

 

 

 

 

~見所~

 

とにかく切ないです。

未来に生きなきゃいけないんだなって思いました。

 

家族愛と今を生きなきゃいけないことの大切さが伝わってきます。

 

 

 

特に、

しんのすけが鼻血出しながらも

階段を上ってるところ涙必須ですね。

 

クレヨンしんちゃん映画全般に言えることですが、

 

 

 

暴力的なシーンがない

というのも、家族で安心して楽しめる要素です。

 

 

 

 

【オトナ帝国の逆襲 予告動画】

 

 

 

 

 

 

 

~まとめ~

 

今回は、

 

クレヨンしんちゃんの映画

 

について書かせていただきました。

 

 

クレヨンしんちゃんは、

「子供に見せたくないアニメ」に選ばれていますが

 

映画は全くそんなことはありません。

 

 

 

 

むしろ、お子さんに見せるべきなのではないかと思うくらいです。

 

映画によって監督が違うので、

テーマが違ったりするのですが

 

 

 

「人とは」

「家族とは」

「守るべきもの」

「大切なこと」

 

 

など、人にとって「大事なこと」を学べます。

 

是非、一度観てみてはいかがでしょうか?

 

 

また、アニメでも感動する回はたくさんあります^^

クレヨンしんちゃんのアニメも実はかんどういっぱい??

 

 

 

それではこの辺で・・・

 

 

読んでいただきありがとうございました^^

 

 
<スポンサードリンク>
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. c60de4268926db1d3dc47ccf9df27b0a_s
  2. 20160208-00000026-nataliec-000-0-thumb
  3. 150819-i152_01
  4. ah_shingeki006
  5. hqdefault
  6. b

コメント

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297