モラハラで離婚したら後悔するのはなぜ!?

この記事は5分で読めます

ef8d2f0b2a2f68e225886de8b14d8073_s

どうも、くすおです^^

今回は、今世間で話題になっている

 

 

”モラハラ”

 

について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

~相次ぐモラハラでの離婚~

 

最近で言えば、女優の米倉涼子さんが

モラハラが原因

離婚協議に入っていると報道されていますね。

 

 

 

それよりも前に「モラハラ」という言葉を世間に知らしめたのが、

 

三船美佳・高橋ジョージ夫婦の離婚劇ですね。

 

 

 

5f3b1299

http://jin115.com/archives/52063003.html

 

 

 

 

「おしどり夫婦じゃなかったの?」

 

と世間でも驚きの声が殺到したのも、

記憶に新しいですよね!

 

 

モラハラが原因で倦怠期になってしまう夫婦も少なくありません。

夫婦間も倦怠期を解決するにはこれしかない・・・。

 

 

 

~モラハラとは~

 

夫婦におけるモラルハラスメントとは、

結婚相手に精神的な暴力を加えることです。

 

たとえば、呼びかけに対して無視をしたり、

不機嫌な態度をとることで相手の精神を攻撃します。

 

 

 

すごく優しく接していたかと思えば、

突然不機嫌になったり無視をしたり、

また急に優しくなったりを繰り返します。

 

 

 

このような態度に振り回される被害者は、

精神的に疲れ果ててしまい、

日常生活も普通に送れなくなります。

 

このモラルハラスメントをわかりやすく言えば

「先生に見つからないように行われる、とても陰湿なイジメ」です。

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

~離婚したら後悔する?~

 

常に一緒にいる人に、

精神的な暴力を受け続けるのなら、

 

さっさと離婚すれば良いのに!

と思うのは当然です。

 

 

 

 

しかし

 

 

モラハラを受けた人(被害者)は、

離婚したら、後悔するのではないか?

 

という思考になる方が多いそうです。

 

 

 

それは、なぜか??

 

 

 

 

モラハラを”される側”

精神的に「洗脳」されている可能性が高いからです。

 

 

 

 

ですので、辛い思いをしていたとしても、

「後悔してしまうのではないか?」

 

という気持ちが勝ってしまい、

離婚を踏みとどまっている方が多いそうです。

 

 

 

 

これってDVを受けるものの、離婚できない人と同じです。

 

このDVを受けるものの、離婚できない状態を

「共依存症」といいます。

 

 

 

 

~共依存症~

 

”共依存”とは、

 

相手の世話をしたり、

常に他人の評価を必要とする事で自分の存在価値を見出そうとするのが、

「共依存」という行為です。

 

 

 

つまり、

 

 

 

誰かに求められることで自己満足してしまうのです。

 

 

 

 

この「共依存症」が手伝うことで、モラハラを受けていても、

この人は私がいないといけない、

離婚しちゃいけない!

離婚したら自分が後悔する!

 

 

 

という負のループに陥ってしまうんですね・・。

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

 

~現実的に後悔すること~

 

やはり、離婚に踏み切るには相当な覚悟が必要です。

 

現実的に、離婚して後悔しることとして

 

 

 

・金銭問題

・子供の将来

・自身のさみしさ

 

 

が挙げられます。

 

 

 

 

 

一つ目の後悔として、

 

金銭問題は、

離婚する際、弁護士費用などがかかってしまいます。

 

相手が養育費を支払わなくなった場合、

弁護士さんを介して

相手方の給料を差し止めることも可能になります。

 

 

 

 

二つ目の後悔として、

 

親としての責任です。

 

子供が物心がついてきたときに、

「パパ(お父さん)は?」

 

と聞かれた際にかわいそうになり、

なんで離婚しちゃったんだ・・・

 

と後悔してしまいます。

 この後悔を振り払うことが後ほど書いています!

 

 

 

 

三つ目の後悔

 

ご自身の寂しさの問題ですね。

しかし、よく考えてください。

 

世の中には素敵な人は星の数ほどありますし、

その人だけが全てではありません。

 

 

 

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

 

 

 

 

~後悔なんてありません!!!~

 

 

モラハラが原因で離婚した方の実際の声です。

離婚に踏み切った方はほとんどの方が

 

「後悔はない」

 

との意見です。

 

 

 

 

離婚をするために、3年かけて貯金をしました。

その費用で弁護士費用などにあて、

モラハラを受けていると自覚して、約4年で離婚に至りました。

 

 

今は、子供たちを受け入れてくれる新たな旦那さんと再婚し、

幸せな家庭を築いています。

後悔なんてありません。

むしろ離婚して本当に良かったと思っています。

 

 34歳 女性 子供2人

 

 

 

 

 

私は結婚をしてすぐにモラハラを受けていました。

友人に結婚生活を話したところ、友人からの指摘で

やはり正常ではないんだ!と気づきました。

 

そこから両親に相談し、離婚を決意しました!

相手には、「絶対離婚しない」と言い張られてしまい修羅場もありましたが、

何とか離婚することができました。

今は、ストレスもなく、離婚したことに後悔など一切ありません。 

 

39歳 女性 子供1人

 

 

 

 

 

 

離婚したいと旦那に打ち明けると、

正座させられえ2時間ほど説教されました。

まさに高橋ジョージ!!w

しかし、それがきっかけとなり離婚まで一直線!

 

もっと早くに離婚していればよかった・・・。

 

20代 女性 子供無し

 

 

 

 

 

 

 

 

~まとめ~

 

 

今回は、

モラハラで離婚したら後悔するのか???

 

について書かせていただきました。

 

 

 

私個人の意見ではありますが、

そういった方とはすぐに離婚すべきでしょう!

 

目の前の壁は険しく高いかもしれませんが、

その壁を越えると素晴らしい景色が待っているはずです!!!

 

【解決!】

夫婦間も倦怠期を解決するにはこれしかない・・・。

 

 

それでは今日はこの辺で・・・☆

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^
<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s
  2. 820c595a289354250562409b2ed0cc7b_s
  3. c165f33afc129e1498cf66ec77c799dc_s
  4. 50bb4b8be287d5c46b28d733fdaf94d4_s
  5. E383ACE383BCE382B7E38383E382AF
  6. top_1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

くすお


私、「くすお」が運営しております。

主に、日常生活に関係する情報を、読者様に読んでいただいた後に、
「得をした」「読んで良かった」 と思ってもらえるような記事を目指して書いております。

☆最新記事☆

  1. tb_food_0601
  2. 343297